水虫に効く薬の抗真菌薬のスプレータイプ

水虫はカビの仲間の白癬菌が引き起こしている症状なので抗生物質では効果がないので、水虫などの真菌に効く薬の抗真菌薬を用いて症状を改善するのですが、塗るタイプのものは表面がべとつくので苦手な人は抗真菌薬のスプレータイプのものを使用しています。スプレータイプの抗真菌薬は足の指の間などに吹き付けるだけなので、風呂あがりなどに簡単に使うことができます。水虫に効く薬を皮膚科などで処方されると塗り薬タイプのものが多いので、ベトつくのが嫌な場合にはドラッグストアなどで販売されているスプレータイプの抗真菌薬を使うとパウダー状なので違和感を感じることがありません。水虫に効く薬は多くの種類があるのですが、塗る回数が1日1回の薬と2回の薬があるのですが、抗真菌薬は白癬菌の他にもカンジダ菌にも効果があるので、様々な用途で使用されています。また足だけでなく口腔内にも使用することができるタイプの抗真菌薬があるので、口腔カンジダなどの場合には軟膏タイプを処方される場合があります。水虫は抗真菌薬を塗ることで2週間程度で改善するのですが、菌が完全に死滅するまで薬を使い続けなければ完治することはないので、最低でも2ヶ月程度は塗り続けなければなりません。また患部を乾燥させると菌の繁殖を抑えることができるので、通気性のよい靴下や靴を履くことによって水虫を予防することができます。風呂あがりに抗真菌薬を塗る場合には一度患部を乾かしてから薬を塗ると効果的で、汗が完全に止まってから外用薬を塗布する必要があります。水虫は一度治ったとしても銭湯などのバスマットや、プールなどで感染することがあるので、不特定多数の人が出入りする場所では必ず石鹸で足などを洗うことが重要です。