外回りの仕事で水虫にかかったらお風呂上りに抗真菌薬

外回りの多い仕事をしている人は、靴を履きっぱなしで足がむれた状態が続くことが多いため、水虫に悩んでいる人が多いそうです。
水虫は白癬菌というカビが皮膚の角質層に寄生して起こる病気ですが、白癬菌は温度が高く湿った環境を好むため、外回りの多い仕事でよく歩く人の靴の中などは白癬菌が増えやすい環境と言えるでしょう。
そんな外回りの多い仕事をしている人が水虫を予防するためには、足がむれて靴の中が湿ったままにならないように、替えの靴下を持ち歩いて交換することや、5本指ソックスを使用することなどが効果的です。
また、水虫の原因である白癬菌は、家族に水虫の患者さんがいる場合、お風呂マットやスリッパなどからうつりやすいとされています。
もしも家族が水虫にかかっているなら、その人とはお風呂マットやスリッパを共有しないようにすると白癬菌に感染するリスクを下げることが出来ます。
ところで、予防をしていても水虫にかかってしまった時は、皮膚科で診察を受けて抗真菌薬を処方してもらい、治療を行うのがおすすめです。
抗真菌薬とは真菌(カビ)の仲間を殺菌することによって、真菌が原因で起こっている病気を治療する薬のことで、水虫の原因である白癬菌にも効きます。
皮膚科では、水虫を疑って受診した患者さんの患部に白癬菌がいるかどうかの検査をした後、有効と思われる抗真菌薬を処方してくれます。
多くの場合、足の水虫には塗り薬の抗真菌薬、爪の水虫には飲むタイプの抗真菌薬を使って治療を行います。
足の水虫を治すための抗真菌薬の上手な使い方は、お風呂上りの清潔になった足の水気をふき取ってから、皮膚がふやけている状態の時に塗ると薬の成分がよく浸透するので効果的だと言われています。
なお、症状が出ている部分以外の足の裏や指の間にも塗るようにすると、白癬菌を殺菌する効果がより高くなるのでおすすめの方法です。
抗真菌薬をうまく使って水虫を完治させましょう。