スリッパで水虫?オロナインH軟膏と抗真菌薬で対策

足の裏が痒くなると「もしかして水虫では?」と、不安になる方も多いのではないでしょうか。
痒みが出る皮膚病は数多くありますが、その中でもやはり水虫は患者数の多い皮膚感染症です。

日本人の約2000万人以上が、市販の水虫薬で対処したり、医療機関で治療を受けていると言われている程、水虫は身近な病気となっています。

水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で発症します。
皮膚や爪といった所に白癬菌は感染するのですが、特に足の裏は白癬菌が侵入しやすいので注意が必要です。
例えば、水虫患者の人が履いたスリッパを使ったとします。

そのスリッパに白癬菌がついていたら、水虫になってしまうリスクはグンと上がってしまうのです。
もし、家族に水虫患者の人がいたら、スリッパを共有する事はお勧めできません。

水虫になると激しい痒みの他に、水疱ができたりする事があります。
搔き毟ってしまい傷ができた事で、その部分が化膿してしまうケースもあるようです。

オロナインH軟膏は水虫対策に有効な市販薬として、人気となっています。
水虫で病院に行く事は、なかなか勇気が必要ですので市販薬で解消したいという方も、少なくありません。
オロナインH軟膏はジュクジュクとした水虫意外の、症状に効果があると言われています。

ですが、症状が進んだ水虫の場合、オロナインH軟膏では対処しきれないでしょう。
確実に水虫を完治させるには、抗真菌薬での治療が有効です。
抗真菌薬は水虫の原因となる白癬菌を、死滅させる成分が含まれています。

皮膚に白癬菌が感染しているという場合は、抗真菌作用のある外用薬を処方されるケースがほとんどです。
医師の指示に従い外用薬で治療を続ける事で、必ず水虫を治せるでしょう。