抗真菌薬で水虫が治る?

水虫と一口に言っても症状は多様にあります。しかし、いずれも白癬菌と呼ばれる真菌の一種への感染症であり、皮膚の角質層への感染によって生じるものです。ほとんどが足や足の爪への感染であるという特等があり、男性に多いとされていましたが女性でも見られるようになっています。水虫は治らないものであるという噂も流れることがありましたが、現代医学の力を持ってすれば治療を行って完治することが可能です。抗真菌薬を白癬菌を根滅させることができれば、それでもう足のかゆみに困らされることのない生活に戻ることができるのです。抗真菌薬として知られるもののほとんどは真菌である白癬菌に対して殺菌的にはたらきかけることができます。白癬菌が生存や増殖をするのに必要となるエルゴステロールの生合成を阻害するからです。人はエルゴステロールを必要としないことから、この生合成阻害を抗菌のメカニズムとする抗真菌薬は人に対する副作用は小さく、根気よく長期間使用することによって白癬菌を根滅させることができます。抗真菌薬による治療は根気良さが重要であり、症状が治まって治療ができたと思ってもまだ再発するリスクがあります。症状がでないだけでまだ感染している真菌が残っていることもあるからであり、症状がなくなってからしばらくの間は抗真菌薬による治療を続けていくことが完治を達成するためのポイントです。OTC薬として医師の処方箋がなくても購入することができる抗真菌薬も市販されていることから、それを使って自己治療をしていくだけでも水虫を完治させることができます。感染のタイプによって適切な抗真菌薬を選ぶことが効果的であり、そのために液剤や軟膏、クリーム剤などが販売されています。

■水虫治療薬はラミシール
ニゾラールで菌の繁殖を阻止する
テルビナフィンの副作用と注意事項